タノシカ!

「タノシカ!」は、高橋グループのニュースサイトです

喜ばせたい病、 きょうも発生中。


_R8A8594

ボウリング場って、スタッフは受付と精算、お客さまはボウリングをするだけ。

そう思っていました。

でも入社してすぐ、意識が変わったんです。

 

店長が担当した小学生の卒業ボウリング大会でのこと。

入院している先生にまでメッセージをもらいに行って映像をつくったり、子どもに手紙を読ませたり。

それがもう、とことんサプライズがちりばめられた内容で。

先生も親御さんも、大号泣でした。

その光景を見て、鳥肌が止まらなかったんです。

ボウリングで、こんなにもお客さまに感動を与えられるんだと。

それからは毎日、どうしたら喜んでもらえるかばかり考えています。

もう病気みたいに(笑)。

いまは恋活イベントを計画中。

いつの日か、このイベントで出会ったカップルが、このボウリング場で結婚式を挙げてくれることが夢ですね。

 

中野 辰文/スポガ久留米

 

2016.02.22

facebook

twitter

関連記事

このページの先頭へ