タノシカ!

「タノシカ!」は、高橋グループのニュースサイトです

これから先20年以上続く伝統に

エスタに出張レッスンがあるのはご存じでしょうか?

今回、福岡市南区にある弥永小学校でダンスレッスン(全4回)が行われました♪

テーマは『オリジナルのダンスを全校生徒で踊ろう』

今回、レッスンに参加したのは6年1組・2組の子どもたち

運動会で全校生徒で踊り、披露するため上級生が代表してダンスを覚えるそうです☺

曲は弥永小学校の校歌を使用

学校の先生がソフトを使ってダンスでも使用できるようにアレンジしたそうです(#^.^#)

その他にも

ストレッチのパート(石井君)では

動きの中で ”伸ばせる・ほぐせる”を音に合わせてできるように作られていたり

ダンスのパート(四ヶ所さん)では

曲のリズムが途切れる箇所は手拍子やうなづく、しゃがむなど子どもたちが

自分たちでリズムをつくれるようになっていたりと

いたるところに工夫が!

 

” 自由にやるのがダンス、間違っていてもいい、恥ずかしがらずに ”

子どもたちが楽しそうにしている姿も印象的でしたが

それ以上に子どもたちに接するお二人から溢れる

”ダンスや教えることへの好きな気持ち”がとても心に残りました

 

今回、出張レッスンをやってみようと思われた校長先生に取材させていただくと

「都会の学校とは異なり、習い事をするにもなかなか難しい環境にある

そんな環境だから若い人たちと何か子どもたちが触れる機会を作って上げれたらと思って

学校生活を通して 自信をつけたり、自尊感情を高める教育ができないかと思ったときに

今回の取組みをきっかけに子どもたち自身が役立っていると感じ、そしてそれを第三者が子どもたちに

伝える場にできたらと思っています。

今年作ったものが続いていき、いつか子どもたちが大きくなって戻ってきたときにそれが続いていた

らいいな」とお話いただきました

エスタクオリアジュニアチームと法人地域リレーションのタッグで実現した出張レッスン

全校生徒によるダンスのお披露目は10月2日の運動会とのこと♪

中休みを通して上級生が下級生に自然とダンスを教える微笑ましい光景がしばらくは続きそうです

雰囲気で伝わること、言葉にして伝えること

何を、どう伝えるのか?が大切なんですね

 

2021.05.18

facebook

twitter

関連記事

このページの先頭へ